前髪が薄くなったときの対処法

前髪が薄くなったときの対処法 > 前髪の薄毛に効く睡眠の方法

ゴールデンタイムに寝たほうがいいというのは嘘

睡眠のゴールデンタイム。

22時から2時。

髪の毛以外でも美容でもこの時間に寝ましょうなんて言われたりしますよね。

しかし働いていたらこの時間に寝るのってかなり難しいと思うんです。

昔子供のころは21時なったら寝ろといわれたもんですが、最近では小学生でも起きている時間じゃないですかね?


もちろんこの時間に寝て前髪の薄毛に効果があればいいんですが、実はこのゴールデンタイムに髪や肌が作られるというのは科学的根拠はないんです。

これは昔の生活習慣だったら当てはまったんですが、今ではこれは通用しなくなってしまっているんです。

私自身この時間に寝ようと何度も試みたことはあったんですが、難しかったのでこの事実をしったときは嬉しかったです。

本当のゴールデンタイムは就寝後3時間

では、いつがゴールデンタイムなのか。

それは寝付いてから最初の3時間と言われています。

この時間に成長ホルモンが分泌され、傷ついた細胞が修復されたりしていくんです。

髪の毛は勿論肌も再生されます。


この3時間の睡眠の質をあげるようにしましょう。

ではどのようにしたら睡眠の質をあげられるかというと、簡単なところだと以下の2つです。


1.寝る前のスマホ、テレビの禁止

2.お風呂は夜の12時までにはいる


寝る前のスマホやテレビはブルーライトの影響で眠りを浅くしてしまいます。

寝る1時間前には見ないようにしましょう。

スマホの充電を枕元でやっている場合は寝る向きを変えるとかしたほうがいいですね。

竹まくらや塩まくらが育毛にはおすすめ

寝る間も汗はかきます。

当然頭皮にも。

寝具が不衛生だとそれだけで薄毛の原因にもなってしまいますからね。

薄毛にオススメのまくらとしては竹まくらと塩まくらです。

竹まくらは通気性がいいので蒸れにくいです。

ただそのままだと若干寝心地が悪いのでタオルなどを巻いて寝ましょう。


もう1つのオススメが塩まくらです。

塩には血行を良くする効果があるので頭皮全体の血行が改善します。

また塩がマイナスイオンを発生してくれるので不眠にもききます☆


いずれの枕もひんやりしたタイプですが、冬に使っても寒くて寝れないなってことはありませんよ。